読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下天の華に一区切り

下天の華with夢灯り

下天の華ですが、蘭丸と光秀兄様にはまりすぎて、その2人を終えたら若干燃え尽きた感が漂っております。次点を挙げるなら信行様。当初はあまりの人当たりの良さに胡散臭さを覚えましたが当たってたよね!!だって全然心が通い合ってる気がしなかったもんね!!そして暴風時はちょっとひくよね!!でも、そんなところも救って差し上げたいと思う乙女心をくすぐるのかしら。誰かのパートでの「風が止まないんだ・・・」という彼の悲痛な一言で、私はこの人がすごく好きになり、攻略して救ってあげなくては、と思ったものです(チョロい)。夢灯りの、元来の人の良さと、荒んでしまった部分とが穏やかに混ざり合った姿にきゅんとします。あと光秀兄様は好きすぎて何も語れない。蘭丸は語れるけど兄様は語れない。もう何も言えません。とにかく早く妻にしてくださいとしか言えない。

 

さて。今年はコドリアFDで終わりかな~と思ってるところだけど、どうだろうなぁ~。FDだからそんなにボリュームはないだろうけど(?)、更にもう1本はさすがにきついかなぁ。

剣が君FDも、いつかはプレイするつもりでいるものの、小さなお話の詰め合わせだろうから、そんなに焦らなくていいかなという気になっています。めいこいvitaもいつかのタイミングでやりたいけれど、今すぐというわけではないからタイミングに困る。(でも先日けんぬのアルバムをレンタルしてめいこい主題歌ばかり聴いているので、やりたい熱が高まっている・・・)

年明けで気になっているのはオトメイト新作の花朧。はじめは興味なかったけれども(画があんまり好きではない)、「あなたと生きる未来が欲しい」とのフレーズでピンときた。これ、もしかしたら好きなタイプかも・・・??というわけで、プレイ予定でいます。

下天の華with夢灯り 蘭丸感想

下天の華with夢灯り

注・無印と夢灯りを総合しての感想になります

忠犬?番犬?・・・・こんな素敵な美青年を犬呼ばわりなんて私はとてもできません。はじめツンツンしてたくせにすぐ落ちるなんて案外チョロい奴だと最初は思いましたけどね。でもその恋の甘酸っぱさよ・・・!!夢灯りでは、忍びだと知った上で(最初は嫌っている段階から)その人となりに触れ、交流していくうちにヒロインのことを友人・同士として認める流れなので、健全な流れではあるんですが・・・・でも私は無印のほうが好き。だってはじめから女性として意識してくれてる感があるのでww 本当のヒロインを知っていくのはこれからなんだけどさ。だけど夜の誘惑イベントに翻弄される蘭丸に悶えるじゃないですか!!「最近の俺はおかしいんです・・・あなたが俺を惑わすから」とか、「心のままあなたを抱きしめてしまいそうです」とか、vita持ったまま固まりました。君にあんな台詞を言われてときめかない女子なんているわけがない!! 彼が信長様の御前でヒロインをかばう見せ場も(涙で画面が見えなかった・・・)、炎の中で信長様を守ろうとする姿も(かっこよすぎて胸がいっぱいになった・・・)、本当に好きでたまらないよ蘭丸!!

なんだろう、中の人の影響もあるのかなー。すごく好みなんです声も演技も。罪の華エンドの、絶望と悲壮感と艶やかさを兼ね備えたかすれ声なんて、本当に絶品。(「・・・お断りします」に超萌えた)(とにかく罪の華ENDは忘れられない心に残る涙がにじむ内容でした。超良かった。蘭丸が。)島崎信長くん(勝手にくん付け)、もっと乙女ゲ出演してくれないでしょうか。

下天の華をはじめてみたら2

下天の華with夢灯り

前回、地の文がないから合わないかもなんていってごめんなさい!!!

下天の華、最高でした。地の文がないけど最高でした。いやもう、地の文どうこう言ってるレベルじゃないね。もちろんあったほうが好きだけど、むしろそれは大した問題じゃなかった。既に3人終えましたが、萌えて泣いて胸いっぱいです。泣きゲーだったんですかコレ!? しかも夢灯りではもう一度彼らと恋愛できるようで。。。。ちょっ、蘭丸との甘酸っぱい日々がもう一度?もう一度最初ツンツンしてくれるの?(期待)家康様の刀で守ってもらえるの?(期待)光秀様に面倒くさそうな対応されるの?(期待)(余談ですが私はみんなを「殿」付けで呼ぶと恋愛モードに入れないので、「様」付けに脳内変換しております)

ところでヒロインのほたるちゃん、凛々しい瞳が素敵で忍装束がとってもよくお似合い。だから姫姿が・・・・姫姿が全く似合ってない!!髪についてる花も全く似合ってない!!スチル見るたびそう思っちゃうんですよねww

百花百狼を終えて

百花百狼

システムやスチルにいろいろ注文つけたいところはあれど、乙女ゲーとしては皆楽しめたなぁという印象です。(五右衛門だけは合わなかったけど)(でも世間は五右衛門人気みたいで・・・めずらしく私の好みと違っている!)

このゲームで特筆すべきなのは半蔵様でしょう・・・・。何あれ超ずるい!!中の人に津田さんもってくるところが超ずるい!!(←めちゃめちゃ褒めてます)あの忍装束もずるい!最強設定もずるい!戦うときの立ち絵もずるい!口調もずるい!厳しさと優しさと穏やかさもずるい!他ルートでの立ち位置もずるい!(←もうとにかく半蔵様を好きになった結果の叫び)

徳川忍組の新人になって、頭領である半蔵様に片思いしたい。そして家康様に「あなたは判りやすいですねぇ、半蔵に想いを寄せているのでしょう?」なんて言われたい。厳しい修行に身を費やし、半蔵様に一人前の忍として認められる喜びを感じつつも、女として愛されたいという願いを捨てきれないジレンマを抱えたい。そんな葛藤は家康様にはお見通しで、いじられたり、からかわれたり、最終的には愛でられるルートも分岐するとかどうですかね。妄想広がっててちょっと自分が痛いです。二次で書いてください!(誰に言っているんだろう)(こんな妄想が広がるのは剣君の左京以来な気がする)(とにかく半蔵様よもう一度あなたと恋愛させてくれ!ってことで)

下天の華をはじめてみたら

下天の華with夢灯り

はじめてから気付いたんです←遅い

あ~~~そっかぁそうだよねぇ。これもコーエーだったよねぇ・・・・・・

地の文がないのがどうしても合わないなぁと感じた遥か6と同じタイプなのかぁ・・・・

評判よいから楽しみにしてたけど、私には合わない可能性が出てきてしまった

これからはコーエーのは見送るようにしたほうが無難なのかも

百花百狼 月下丸感想

百花百狼

月下丸ルートは皆死にまくるという話を目にしたし、正直中の人が好みじゃなくて後回しにしておりました。私そこまで主従萌えするわけでもないし。・・・・でもね、でもね、予想外に良かったんです月下丸。なんだよお前、普通にめっちゃいい男じゃないか!俺はあなたの護衛ですからといってつきまとってくるから若干うざかったのに!←ヒドイ

ヒロインを守るために仲間と刃を交える姿。隠れて涙する姿。ヒロインに触れないようにと意識してしまう姿。呪いに葛藤する姿etc、彼の個別はずるいくらいに魅力に溢れておりました。確かに仲間たちはどんどん死んでいくけれど、そこにそれぞれの想いがあって、決して無様に犬死にする訳ではなかった。最後の最後に限界を超えて弟子を守りながら死んでいった兄様とか美しくて泣ける。半蔵様の立ち位置も素敵に美味しい。だからねぇ・・・ここまでくると私は兄様ルートが不憫に思えてきてならないのです。だって皆の死に方もアレだし、最後の最後まで振り回され、しかも月下丸のようにかっこいい場面用意されてるわけでもないし・・・ねぇ? いや私は好きですよ兄様。だからこそ、FD出るとしたら少しくらい優遇してあげて!!一番の優遇は半蔵様でいいから!!次点くらいでお願い!!

半蔵様ルートは大好きなのでもう一周してから感想書きたいなと思ってます。もう一周したら満足してしまって感想書かない場合もありそうだけどww

百花百狼 キャラ別感想1

百花百狼

 キャラ別感想です。とりあえず3人~~~。

 

黒雪

きっといろいろ抱えているんだろうなぁ・・・と匂わせている黒雪でしたが、どうしよう私、このコめっちゃ愛おしくてたまりません!!彼の気持ちを思うだけで切なくて苦しくて泣きそうになるよ!!幸せにしてあげたいよ!!中の人がこの人っていうのも結構ずるいよなぁぁぁ~~~(ところで彼のセリフ、合間の間がちょいちょい気になるんですけど私だけ?)ところで猿之助が半蔵に、好きな手裏剣なんですか~?と話しかけるあの場面が面白すぎて忘れられない。あと、どうしてキススチルがないのか意味が分かりません。

 

蝶冶郎

愛おしい人その2。ちょうどこのくらいの鳥海さんボイスが好みということもあって意気揚々と進んでみたところ・・・・・。何という展開だ・・・・・。自分の心を殺しながらも任務に忠実であろうとする彼と、殺されると分かっていながらもそんな蝶冶郎に会いたいと願うヒロイン。そんな2人がぶつかりあう前半部分が美しくて好きです。首を絞められるシーンなんて特にね。後半は・・・・兄様ってば望むことを諦めちゃっててなぁ・・・毒針のせいですぐ横になっちゃうしなぁ・・・ww

ヒロインと幸せな余生を過ごす後日談がみたい。愛しい兄様の幸せな姿をぜひとも。でもって私のこのゲームでの最萌セリフはこの人の「・・・唇を寄越しなさい」です。切羽詰った鳥海さんの演技もすごく良かった。こんなセリフに心臓がつんとつかまれる日がこようとは。

 

石川五右衛門

ごめんなさい、感想ないです!!ちょっとキャラも中の人も合わなくてですね・・・