コドリア フラン感想

フラン終了!冒頭で強制スキップ使ってしまったり、もしかしたら合わないのかもと思ってたコドリアですが、恋愛イベントは萌えました。ヨカッタヨカッタ。第一印象で選んだだけあって、フランの照れ顔に何度ドキッとさせられたことか・・・。正直、僕が絶対治すからとか、僕を信じてとか、繰り返される彼のそういった言葉はあまり重みを感じなかったけれど(大体隠し事も多すぎるし小出しに話してくるし)、ヒロインを守るために川に飛び込んだり、診察時に意識して直視できなかったり、抱き寄せてきたり、そういった行動部分にいちいち萌えてました。いいねフラン!好き!優しい笑顔に誠実さが感じられるよ!中の人の声が苦手だったけど慣れたし!ただしヴィクトリア女王の抑揚ある艶やかな演技が素晴らしすぎて、フランの一定の声のトーンが気になっちゃうんですよね・・・。そのセリフはもうすこしオーバーに表現してもいいんじゃ・・と中の人の演技に注文をつけたかったです←何様

 

そうそう、合わないと思った理由は主軸となるストーリーかも・・・??遥か6も同様の理由でうーん私にはちょっと・・・思ったんですが、政府の陰謀やら、薬品を用いて実験がどうたらとか、ちょっと興味持てないんですよね~~その手のストーリー・・・・・・・。まぁでもいい感じに楽しくなってきた!得体の知れないサンも気になるし、インピーもあれはあれで可愛いし&かっこいいところ見たいし、ヴァンは恋するとどんなになるのか興味あるし、ルパンはかっこよくフィナーレを飾ってくれなきゃ困るし!!インピー→ヴァン→サン→ルパンの順でやっていこうと思います。

 

あとはいろいろ気になる点を箇条書き。

  • 父親によって実験台にされ毒を植えつけられた、という設定のほうが良かった。元は普通の女の子だったのに、という設定。
  • 好きになってから知りましたよ、ではなく、そもそも初めて会った時点でフランが主人公が創られたものだということに気付いていたんだったら、普通の女の子として彼女を見るんじゃなくて、科学者としての研究対象・観察対象になるんじゃないだろうかと思ってしまったんですが。どうなんですかね。。。
  • あの過去を背負ったヒロインなら、冒頭で安々とルパンについていかないんじゃないかなあ。自分と一緒に居たらあなたもいつか私の毒で死んでしまうことになるから、と。もっと葛藤があったほうが好みでした。
  • ヴィクトリアとレオンハルトのラストも丁寧にかかれているんだから、恋するカルディアちゃんの心情ももっと細かく丁寧に描写してほしい。あ~~~~そうかも、そこかもしれない。自分は人間じゃないから触れられないから好きになっちゃいけないこの気持ちを知られてはいけない・・みたいなものもなかったし。
  • しかもフランがお父様かもしれない、という発想は驚いたというかむしろ苦笑。
  • ヒロインが本物の怪物化するという事実を黙っていたフランは株価下落。あれは絶対カルディアちゃんがショックを受けることを自分が言いたくなかっただけでしょ・・・まぁその前に絶対自分がどうにかしてみせるんだからあえていう必要は無いって本気で思ってるんだったらまぁ許せなくはないけれども
  • でもフランが理性崩壊して顔を赤らめながら(でも目は真剣で)強引に迫ってくるシーンが超みたい
広告を非表示にする