読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百花百狼を終えて

百花百狼

システムやスチルにいろいろ注文つけたいところはあれど、乙女ゲーとしては皆楽しめたなぁという印象です。(五右衛門だけは合わなかったけど)(でも世間は五右衛門人気みたいで・・・めずらしく私の好みと違っている!)

このゲームで特筆すべきなのは半蔵様でしょう・・・・。何あれ超ずるい!!中の人に津田さんもってくるところが超ずるい!!(←めちゃめちゃ褒めてます)あの忍装束もずるい!最強設定もずるい!戦うときの立ち絵もずるい!口調もずるい!厳しさと優しさと穏やかさもずるい!他ルートでの立ち位置もずるい!(←もうとにかく半蔵様を好きになった結果の叫び)

徳川忍組の新人になって、頭領である半蔵様に片思いしたい。そして家康様に「あなたは判りやすいですねぇ、半蔵に想いを寄せているのでしょう?」なんて言われたい。厳しい修行に身を費やし、半蔵様に一人前の忍として認められる喜びを感じつつも、女として愛されたいという願いを捨てきれないジレンマを抱えたい。そんな葛藤は家康様にはお見通しで、いじられたり、からかわれたり、最終的には愛でられるルートも分岐するとかどうですかね。妄想広がっててちょっと自分が痛いです。二次で書いてください!(誰に言っているんだろう)(こんな妄想が広がるのは剣君の左京以来な気がする)(とにかく半蔵様よもう一度あなたと恋愛させてくれ!ってことで)

広告を非表示にする